渡辺酒造場 Feed

2012年1月29日 (日)

鬼がら

久しぶりの更新は、渡辺酒造さんの「鬼がら」です。
以前の鬼がらは麦でしたが、今回は米!!!
麦が青鬼、米が黄鬼で、芋が赤鬼です。
まだ、赤鬼は捜索中なので、有力な情報がありましたら教えてください。
サル達を出動させたいと思います。
今回の米は九州の方と交換していただいたので1本しかありません。
なので、味見はしばらくは出来ないかと思います。
以前の麦のようにケースで出てきたら、また頒布会をするんだけどなぁ~。
Gedc0041_2

2010年6月12日 (土)

玉盃

Gedc0051


以前、ご紹介した渡辺酒造場の玉盃ですが、バージョンアップしちゃいました!







Gedc0052 こんな感じになっちゃいました!
和紙を頂いたので装着してみました!
本当に感謝。感謝です。









2010年2月 7日 (日)

鬼がら

100206_175001昨日、都内某所にて変態さんの集いがあり、潜入いたしました。
全国各地から沢山の方であふれかえっていました。
自分は正式参戦は初めてでしたが、知り合いの変態さんも数人いたので、楽しく過ごすことができました。
さて、そのときに持ち込んだ物がこれです。
麦は苦手なんですが・・・・・・。
これ、旨いですよ。
しかし、もう今となっては廃業されている蔵の物なのですなかなか入手は難しいかと、思います。
どうしても、欲しいという方がいらっしゃいましたら、何かと交換してもよいですが・・・(笑)

2010年2月 2日 (火)

玉盃

100201_142701 今日は、(株)渡辺酒造場の麦焼酎で「玉盃」(ギョクハイ)です。

写真の焼酎はラベルがかなりダメージを受けているが、きっと珍しい焼酎だと思います。

理由は・・・・。

この渡辺酒造場さんは現在はありません。

当時の住所が現在の雲海酒造の五ヶ瀬工場になっているので、合併したのかもしれません。

昔はたくさんの蔵元さんがあり、各蔵がいずれも小さな蔵でそれでいて地元を大事に大事にこつこつと営業をされていましたが、平成に入り、酒税が大幅に改正され、廃業を余儀なくされた蔵も多いと聞いています。

私の記憶が間違っているかもしれませんが、2001年までに免許を返納した蔵が大量にあったと思います。

はっきりとした理由は知りませんが、いろいろと免除等があったのではないかと思います。

ちなみにこの麦焼酎は本日、千葉市内の酒屋で購入いたしましたが、お店で代金を支払う時に、蔵元さんが廃業を決意された時の事を何故か考えてしまい、本気で涙がでそうになりました。

この玉盃は89.8.24の印が押されていますが、21年間もひっそりとお店の片隅で眠っていたと思うとなんとなく開封が・・・・・。

100201_142702 あっ!

でも2本あるから良いかなぁ~。

冗談です。

本当にこれはしばらく、大事にしておきたいと思います。

ちなみに、この蔵のキャップが実はお気に入りなので、キャップもアップしておきますね。100201_143001